teeny-weeny official blog

ショートドラマユニット・teeny-weeny(ティーニィ・ウィーニィ)の公式ブログ。 公演情報&日替わりコーナーでお楽しみ下さい。

teeny-weeny official blogへようこそ!!

こんにちは、teeny-weenyです。よろしくお願いします。

ここでは、teeny-weenyの公演情報はもちろん、
曜日ごとにコーナーを設け、日々メンバーがエッセイを綴っていきます。

blogとはウェブ上の日記、みたいなもののようですが、
有名人でもなんでもないわれわれの日記を読んでいただくのも
いささか申し訳ない感じがしますので、
みなさまに楽しんで読んでもらえるような
読み物的なものにしていきたいと思います。

末永く、よろしくお願いいたします☆



~~~各曜日コーナー~~~
(2013年12月01日現在)



月曜日(曽奈)・・・teeny-weeny☆NOW!!5th.season.

火曜日(永井)・・・「独り身クエスト」by永井

水曜日(内藤)・・・ないとうの無邪気なあした

木曜日(島田)・・・ゆかりのがんばれ!値崩れ女子★

金曜日(曽奈)・・・そなのゴールデン☆デトックス。

土曜日(内藤)・・・ないとうのキライじゃないっ!~3rd.pleasure~

日曜日・・・(基本定休日、たまに特別コーナーあり)



ティニウィニへのメッセージは、こちらまで teeny-weeny@live.jp



ティニウィニのオフィシャルサイトはこちら

『ティニウィニのラジドラ!』番組公式ブログ開設!

どうも、管理人のないとうです。


このたび、新たに『ティニウィニのラジドラ!』の番組公式ブログを開設いたしました!


この『teeny-weeny official blog』とは別に独立したラジオ番組専用のブログサイトです。


http://twradidra.blog.jp/(URLが変わりました)


まあ、ラジオブログですので、こっちみたいに雑談的な記事を乗せることはほとんどありません。


番組の内容を紹介するのが主だと思います。


またこの4月から、番組では内容をリニューアルし、様々な新コーナーを立ち上げる予定でございます。

そのための、コーナーのゲスト出演者等の募集を、ブログ内でもさせていただいています。

ラジオを聴き逃した貴方にも、ちゃんと内容が分かるしくみにしていきますので、お楽しみに。




さしあたり『ティニウィニのラジドラ!』では、以下の新コーナーに出演・応募していただける方を大募集しています。

①【ラジオドラマJACK!】
あなたの作ったラジオドラマをFMの電波に乗せてみませんか?
ご要望があれば、劇団の宣伝や告知なども番組内で紹介します(ラジオ出演、もしくはMCが読み上げます)
ネットラジオ等で配信されているものを、番組で流すことでより多くの方に聞いてもらいましょう!

②【ティニウィニ。をプロデュース!】
ラジオドラマの脚本を募集します!
ラジオドラマを作ってみたかったけれど、演者、収録・編集の手立てが無くあきらめていた人へ・・・
teeny-weenyが形にします!
コントでもホラーでも感動物語でも、ジャンルは何でもOK!
あなたも『ティニウィニのラジドラ!』で脚本家デビューしましょう!

③【ラジオドラマ『帰ってきたアマガサキ探偵』出演者募集】
teeny-weenyオリジナルラジオドラマ『帰ってきたアマガサキ探偵』に出てみたい!という出演者を募集しています。
ラジオに出てみたい、お芝居をやってみたい人は是非!
多少の演技指導は行います。


特に③【ラジオドラマ『帰ってきたアマガサキ探偵』出演者募集】は急募です!!

探偵事務所へ依頼をするゲスト依頼人役etc・・・をしていただきます。


自薦・他薦は問いません。

『なかなか芝居をする時間・お金が無い』

『芝居がしたいけど、なにぶん初めてなのでちょっと怖い』

『以前やってた芝居から長年ブランクがあるけど、もう一度トライしたい!』

『声優志望です!』

などなど、動機はもちろん何でもOK!


あなたの声が、FMの電波に乗ります。

ティニウィニと一緒に、ラジオドラマを作ってみませんか?

更に詳しい、募集要項は番組公式ブログ→http://blogs.yahoo.co.jp/since2010_teenyweeny

上記に応募したい方は、番組専用メールアドレスtw.radidra@gmail.comまで!



一緒に、番組を盛り上げていきましょう!



そなのゴールデン☆デトックス。vol.133【たまには立ち止まることの大事さ。】

こんにちは、そなちはるです。

やっぱり都知事選のニュースで持ちきりですね。

具体的な政策が前面に出てこないからか、逆に人柄に目がいってしまうのですが。

激しく有力候補のお2人がやりあうので、「なんだかなぁ・・・じゃあ、もうお1人の有力候補が穏やかそうでいいんじゃないの?」

・・・・・・ってな具合になってしまうのですが。

まあ、投票できないんでいいんですけど。そんなので東京のみなさんは投票できるのかしら。


さあて。

かねてからこちらでもお話ししている通り、現在初めての育児に奮闘中です。

夜中の授乳で寝不足だし、初めてのことばかりで思い悩むことは多いし、体はまだまだ復活していないのに抱っこでへとへとだし、まあ大変ではありますが、

寝不足や、思い悩むことや、へとへとや、大変についてなら、ある意味私は慣れっこです。

これまでも、ひたすら新しいことに飛びつくわ、やりたいと思ったら睡眠削ってでもやるわ、そのくせ人一倍思い悩むわの人生でしたから。

(これからラジ子にしっかりと意思が備わってきたらまた違うと思いますが・・・・・・)今のところ、産まれた後の経験以上に私に影響を与えたのは、

「産前休業」でした。


ずっと突っ走ってきた人生。

初めて公式に「体をいたわって休みなさい」と言われた数週間だったのです。

もちろん疲れたときには休みますが、そういうときってもう休むことしかできない状態です。

そうではないときに「休む」という概念は私にはありませんでした。


何をしようか。

家で仕事や台本執筆は続けていたのですが、それでも時間がたっぷり。

そこで私は、これまで「時間ができたときにやろう」と思ってずーっとやってこなかった些細なことからとりかかりました。

靴下の穴を縫う、とか、冷蔵庫の後ろを掃除する、とか、傘の破れを直す、とか。

ほんと些細な。でも、ずーっとやれなかったこと。

顔のエクササイズやちゃんとした滑舌練習。

そして今後一生無いであろう、旦那さんに「専業主婦を奥さんにする体験」をさせてあげること・・・・・・


なんかね、そういう些細だけれども、心の中にいつの間にか降り積もっていたことを、ゆっくり時間をかけてやっていくことで、

すごくこれまでの人生が整理整頓された気がしたのです。

人生というと大げさかもしれません。自分の「毎日」とでもしておきますか。


あぁ、休むということは大事なのだなぁ、とつくづく。

テレビでキャリアウーマンと呼ばれる人が、キャリアアップのために一秒たりとも休みたくない、という感じだったのを見て、

どうなのだろう。この人はそれでどこまで行けるのだろう・・・・・・と少し心配になりました。

別に、結婚した方がいいとか子どもを産んだ方がいいとかいう気は、一切ありません。

ただ、「休む」という時期を、一瞬でも挟んだ方がいいかもしれない、と思ったのです。

そうでないと、心に降り積もった些細なことにいつか押しつぶされるときがくるかもしれない。

些細なことを解消することで、もっと人生がブラッシュアップされるかもしれない。


ま、私については、ここから数年(数十年?)また休めない人生なのかなーとは思いますが。

いいです。慣れっこですから。



そなちはる

teeny-weeny☆NOW!! 7th season vol.54【本日のラジドラ!では特別コラボドラマがスタート☆】

こんにちは、そなちはるです。

ラジ子を連れて、お宮参りというのに行ってきました。

同い年くらいの子たちを目の当たりにして、あらためてラジ子のデカさを実感。

まだ小さな子猿さん的な子が多い中、しっかりと人間。

人間だもの。


さあて、ブログ更新が一日遅れてしまったため、本日が「ティニウィニのラジドラ!」。

今日から6週連続で、尼崎市武庫之荘にある和菓子屋「楽emon」さんとのコラボドラマが流れます!

店長さんがもともと考えていらっしゃった、お店の成り立ちに関する架空の物語を、

そなが膨らませに膨らませて全6話のラジオドラマに仕立てあげました。

架空の物語をさらに勝手に膨らませるという、どこに真実があるのかわからない所業をお楽しみください。


そのほか、そな不在のイレギュラートークは今週も健在。

そろそろ慣れてきたころかしら・・・・・・?

おなじみのティニペディアもあります。こちらはそな参加してます。

お楽しみに!

******************************************

毎週火曜20:00~(30分番組)
 4月から30分早くなりました!!

FMaiaiFMあまがさき)82.0MHz『ティニウィニのラジドラ!』

尼崎市内にお住まいの方はラジオで。

PC
でお聞きの方はサイマルラジオhttp://www.simulradio.jp/
またはリッスンラジオhttp://listenradio.jp/で。
82.0MHz FMaiai(エフエムあまがさき)』を選択してください。
FMaiaiのホームページからならすぐ聴けちゃう!http://fmaiai.com/(左上のスピーカーアイコンをクリック!)

スマートホンでお聞きの方はアプリ「リッスンラジオ」をダウンロードしてお楽しみください。

ツイッターもよろしくお願いいたします!!
つぶやきの語尾に #ティニウィニ のハッシュタグをつけて遊びましょう!
アカウントは「ティニウィニのラジドラ!」(「曽奈千春」もよかったらご一緒に!)

ティニウィニのラジドラ!はリスナー参加型番組です!
あなたの脚本が、あなたの声が、FMの電波に乗ります。
ティニウィニと一緒に、ラジオドラマを作ってみませんか?

更に詳しい募集要項は番組公式ブログ(番組放送後記もあります!)http://twradidra.blog.jp/

上記に応募したい方は、番組専用メールアドレスtw.radidra@gmail.comまでよろしくお願いします!



そなちはる

そなのゴールデン☆デトックス。vol.132【「いい人」の落とし穴。】

こんにちは、そなちはるです。

今場所は鶴竜関が休場となりすごく残念ではありますが、

十両の宇良関、そして久々に逸ノ城関が好調なのがとてもうれしいです。

ただ、好取組前に必ずと言っていいほどラジ子が邪魔します。

ふえふえふえーいと言います。

困ったもんです。このままだとスー女への道は険しいです。


さて、標題。

接したことのある人ならみんな口をそろえて「いい人」というような、気のいい人。

でも、あんまり知らない人からの評判は、なぜかそんなによくない人。

そんな人は周りにいらっしゃいませんか?

本当「は」いい人ではなくて、本当「に」いい人です。

いつもご機嫌で、分け隔てなく優しくて、紳士で、正直で、まっすぐな人。


確かにそういう人は「いい人」です。

問題なのは、そういう人は全員に対して「いい人」だということです。

ある人の立場に共感をして、味方をする。

すると、必然的に誰かの敵(は言い過ぎかもしれませんが)の立場になります。

これは仕方のないことです。

しかしそういう「いい人」は、今度敵側の人に会ったときに、そちらの味方もしてしまったりする。

それぞれの人が「ああ、この人はいい人だ」と思うけれども、

いずれどこかで辻褄が合わなくなって、いさかいを生んでしまうのです。


さらに困ったことに、この「いい人」は気づかずにそれをやってしまいがちです。

全体に目がいかず、ただ、目の前の人に感化されて、共感して、優しくしてしまう。

それも心から。良心に従って。

だから間違いなく「いい人」なのですが、同時に「困った人」でもあるのです。


真のいい人は、まず自分の考えがあって、それを踏まえつつ相手の立場を理解し、真摯に向き合える人です。

その時その時で、たまにはいい顔できないときもあるけれど、相手にとって何が一番大切かを考えられる人です。

真のいい人にあって、「いい人」にないものは、覚悟です。

人に優しくするというのは、覚悟がいるのです。

優しくすることは、本来とてもエネルギーのいることなのです。

「いい人」は決して悪ではないし、いい人であることは間違いないのですが、

いつも楽して「いい人」してると、ちょいちょい痛い目見ちゃうから気を付けてということです。

周りも巻き込んで。


・・・・・・なんか以前にも同じようなことを書いたような気がしますが。

今回の都知事選のバタバタ見てて、つい思い起こされてしまいました。

つまり、彼は「いい人」なのですね。

個人的には好きなタレントさんなんですけどね。



そなちはる

teeny-weeny☆NOW!! 7th season vol.53【明日のラジオもまだまだ不安(?)なそな不在2回目!】

こんにちは、そなちはるです。

参議院選挙、ラジ子を旦那さんにあずけて投票してきましたが、

18歳から投票できる!などと話題になっていた割には、なんとなく拍子抜けの感じ・・・・・・

みんな東京都知事選の方が興味あるのかしら?

でも・・・・・・どっちか言うと私たちにはそっちこそ関係ないから!だって投票できないから!


そして、いよいよ相撲が始まったので、ラジ子にスー女の英才教育を施していくつもりです。


さあて、明日の「ティニウィニのラジドラ!」は、引き続きそな産休にて、野郎ども3人によるオープニングトークからスタート。

結局ドラマやトークコーナーにはそなも出てるんで、産休感がないともっぱらの噂。

「ハンサムってなんだい?」は、ちょっとあるあるな困ったシチュエーション。

対応を間違ったら痴漢扱いされることも!?捕まらないためにも、男子必聴!

「帰ってきたアマガサキ探偵」は、珍しくハンサムさんが悩んで落ち込み中。そこで圭太が立ち上がる!

でもやっぱりなんといっても、私のお勧めは野郎3人によるオープニング&エンディングトークですけどね!

今しか聞けない不安定トークをお楽しみに☆

******************************************

毎週火曜20:00~(30分番組)
 4月から30分早くなりました!!

FMaiaiFMあまがさき)82.0MHz『ティニウィニのラジドラ!』

尼崎市内にお住まいの方はラジオで。

PC
でお聞きの方はサイマルラジオhttp://www.simulradio.jp/
またはリッスンラジオhttp://listenradio.jp/で。
82.0MHz FMaiai(エフエムあまがさき)』を選択してください。
FMaiaiのホームページからならすぐ聴けちゃう!http://fmaiai.com/(左上のスピーカーアイコンをクリック!)

スマートホンでお聞きの方はアプリ「リッスンラジオ」をダウンロードしてお楽しみください。

ツイッターもよろしくお願いいたします!!
つぶやきの語尾に #ティニウィニ のハッシュタグをつけて遊びましょう!
アカウントは「ティニウィニのラジドラ!」(「曽奈千春」もよかったらご一緒に!)

ティニウィニのラジドラ!はリスナー参加型番組です!
あなたの脚本が、あなたの声が、FMの電波に乗ります。
ティニウィニと一緒に、ラジオドラマを作ってみませんか?

更に詳しい募集要項は番組公式ブログ(番組放送後記もあります!)http://twradidra.blog.jp/

上記に応募したい方は、番組専用メールアドレスtw.radidra@gmail.comまでよろしくお願いします!



そなちはる






第125章「独り身クエスト」 by永井


記事を三週間も放っぽり出してゴメンなさい💦💦毎週のようにそな団長のご息女の泣き顔画像(送られてくる)で怒られていました。毎週日曜日には心を痛めながら感じているのですが記事にするまでもないと諦めちゃうんですね…悪い癖です。ほんと。

最近は少し東京で暮らすのに慣れたようです。

野菜食べてます。

生でばりぼり…



昨日はトウモロコシを湯がいて食べたらあまりに甘いので感動しちゃって、トウモロコシ画像載せてツイートしたくらいです。


どんどん痩せていっていますw

気を使ってるからですよ?(肉が高いから…いや、)産地直送の野菜が美味いからですよ!?

(東京)三鷹には肉屋さんもあって毎日コロッケとか揚げたてのササミフライとか食べてるので、動物タンパクも摂ってるですよ?いい暮らしです。

きっと…

たぶん…

余裕が無いのは自分の金使いの荒さが原因で…


いつも先輩にお酒をおごってもらってますw頑張ろう…

そして毎日帰ったら缶チューハイを1缶開ける癖がつきました。これが今1番の楽しみですw



さてはて…本題です


大学生時代からずっと観てみたいと思っていた青年団の芝居を観劇してきました。

たしかその頃はロボット演劇を取り入れたの最先端な舞台で話題になっていて、ロボットの台詞に合わせて役者が台詞の言う間や歩数を覚えて演じるというもの。相手が機械なので初動が遅れること等も含めてすべて計算して演出される!!という舞台だった。(観てはないんですけどね)

平田オリザ

ニュースが流れる程有名でした。

まぁーそんな演出されちゃったら、こちとら役者目指してた時なんで『そんなステージング絶対覚えるの不可能だ』なんてろ…思っていました。

吉祥寺シアター
『ニッポン・サポート・センター』


■HP掲載あらすじ■
生活困窮者やドメスティック・バイオレンスの被害者などの一時避難を扱う駆け込み寺型NPOのオフィス。
NPO幹部職員の不祥事を抱えて、全員の善意が空回りし、喜悲劇が繰り返される。
ボランティア団体の日常を精緻に描きながら、現代社会の実情に鋭く切り込み、
一方で「人を助ける」とはどういうことかという普遍的命題に正面から取り組む問題作。

構想10年、平田オリザ待望の新作書き下ろし。

■感想■

○台本
人が登場してハケていく流れや、色んな相談事や事務所内で突発的に起こる事件の進行が急展開し過ぎる事なく色んな立場を上手く利用して言葉を選んで説明して行ってくれるのですごく心地良かった。

立場上聞けない話が日常には沢山あるので、それを第三者で感じ取ったり…噂で聞いて増幅させたりと色んな側面から盛り上げていくのが上手いし面白い。

(というのも会社には1番偉い責任者から仕事場に関係ないインターンや地域活性化させる為の近くに住んでいるおじさんおばさんもいるので、会社の中だけの意見ではなく地域全体を含んでいるのが非常に良い)

○セット
蛍光灯を山形(凸)に釣った照明が主となっており、見慣れた職場の灯りを再現している。客電も付いているかついていないかわからないくらい上演中は隣の客の顔も見えて明るさであった。

美術も最近の地域センターや老人介護ホームにありがちな材質や防音システムの整った会議室を再現しており、床材や床に書かれている模様に至るまで全てが見覚えがある…(きっと一般的に人間を安心させるデザイン?)

その素材感や日常を再現したフロアが展開されていく事件をより際立たせているようですごく良かったです。

何かはわからないけど、人の感情を表現している象徴物みたいなものは全くないので変な所に気が散らない。今回の作品や劇団にあった装置なのかな?(きっと)

でも質素じゃなく素材にお金をきっとかけていると思います。
(防音室のドアノブのガッチリとロックさせるヤツとか使ってましたからねw)

○役者
ベテランから若手に至るまで区別なく世界観を壊す事が無かったので驚きでした。

『ナチュラルな芝居でヘタに欲しがらずにこんな事ができるんだ…。』と本当に思ったくらいです。

作品的に世代の面白いネタを盛り込んだ台詞があったりしたので、大いにその年代の方々は笑っていましたし

年代のそれがわからなくても、年齢で流行ったギャグとかを今でも使っていてふいに若者に指摘されてジェネーレションギャップを感じるといったシチュエーションもあったのでそこでも笑えました。

なんだか知ってるけど、何言ってんだろおじさんおばさん

ってのが逆に可笑しい。そして温かい。(ギャグは寒いんだけど)


志賀廣太郎さんの声がすごく渋くて通る声なんです。


本当に温かみのある芯にまで響く声。

でも志賀さんだけじゃなく役者さん全てに持ち場と個性がハッキリとあって物事に繋がっている。何考えてるかわからない気の狂ったと片付けるのが簡単な女性という役どころは確かにあるけど、それはそれで今の世の中をしっかりと風刺していて、彼女なりの考えも聞けたので逆に納得させられる見せ方をされました。

役者さんが見た目や人気や誰かが場の空気を持ち上げているというパワーバランスではなく観れた芝居はきっと初めてだと思います。

若手〜ベテランに至るまで上手い。

恐ろしい…。

今回だけだったのかも?しれないが…本当に現代劇をこれだけナチュラルに演じられる作品を見た事がありません。

平田オリザ恐るべし…。
青年団の役者の素質恐るべし…。

そなのゴールデン☆デトックス。vol.131【いつも「初めまして」の気持ちでいることの大切さ。】

こんにちは、そなちはるです。

選挙が近いんですけど、なかなか赤ちゃんのお世話でバタバタしていて、

各候補や政党の主張がよくつかめておらず、考えがまとまりません。

それより先に、0か月の赤ちゃんをおいてどのようにして投票所に行けばいいのか?ということに頭を悩ませています。

そんな私のために、政見放送を垂れ流してもらえないでしょうか。

でも、かといってずっとNHK見続けるのも嫌なの。慣れないの。

民放でももうちょっとやってもらえないだろうか。せめて今日明日だけでも。


・・・・・・なんてわがまま言うとりますが。

さて、ということで頭は選挙のことと大相撲のことでいっぱいなので、今日は軽めに。

今回、出産という人生で初めての経験をして、引き続いて育児というこれまた初めての経験をしているそな。

想定外のことなんて山ほどあって、

泣き事もいっぱいあって、

吐き出したいことだらけではあるのですが、まあそれは置いといて。

たくさんのママさんがブログとか書いてらっしゃいますからね。だいたいその方たちに以下同文ですわ。


私が今回取り上げたいのは、そんなママさんたちを最初に助けてくれる「助産師」さん。

私も入院中、退院後も本当にお世話になりました。

出産って、あくまで助産師さん主導なんですよね。お医者さんじゃなくて。

出産後は、呼べば夜中だって嫌な顔一つせずに飛んできてくれる。

「赤ちゃん泣いちゃったらいつでも呼んでくださいね。」の言葉にどれだけほっとして助けられたことか。

自分の子どもだから母親の自分が何とかしないと!・・・・・・と思いつつも、いったいどうすればよいのかなんてなーんにもわからない状態で、

助産師さんの存在はまさに神。


でもね、一番びっくりしたのは、うちの子あやしながら、

「わー!何この子、めっちゃかわいいんやけどー!」

って、いろんな助産師さんが言ってくれたことでした。

まるで身内の赤ちゃんを初めて抱いたときかのごとく、心から言ってくれるのですよ。

助産師さんにとって、うちの子なんて、これまで触れ合ってきた何百人の赤ちゃんのうちの一人にすぎないのに、

そんな反応ができるのにびっくり。

あぁ、この人たちは、妊婦さん一人一人、赤ちゃん一人一人と、毎回「初めまして」の気持ちで付き合ってくださるんだなぁ、と感心してしまいました。

妊婦さん側は、そりゃあ「初めまして」ですから、同じ気持ちで赤ちゃんに接してもらえるのは本当にうれしかった。


でも、これはどの場面でもそうですよね。

お客さんは初めましての緊張感を持っているわけですから、迎え入れる方もある程度緊張感を持っていてほしい。

たくさんいる客の一人、と捉えずに、このお客さんはこの世でたった一人、という認識で接するべきだなぁ、と。

自分の経験で勝手に作り上げた「お客さん像」ではなく、目の前のお客さんと心から向き合う。

それって大事だなー・・・・・・なんて考えてる余裕もなく入院生活を終えたので、

今頃ようやく書いてる次第です。はい。



そなちはる

teeny-weeny☆NOW!! 7th season vol.52【明日のラジオはドッキドキ☆そな抜きの野郎だらけ初回!】

こんにちは、そなちはるです。

 

出産後の母体は交通事故に遭ったようなダメージ、とか、全治8か月に相当する重傷、とか。

 

あんまり大きなケガしたことないんでね。ビビりますね。

 

そんなことより、ベイビーが出て行ったはずなのに戻らない体重に首かしげる毎日ですけどね。

 

ベイビーは元気によく泣いております。

 

 

さあて。

 

あんまり所帯じみたお話も性に合いませんので。

 

明日のラジオは、いよいよそなが産休のため、野郎だらけの初回です。

 

うわぁ、ドキドキ。

 

番組編成等はいつもと同じ。

 

ドラマやトークコーナーは先録りしていたのでそなも出ています。

 

問題はオープニング&エンディングトーク。

 

何が飛び出すのか私も楽しみ!

 

ぜひぜひお聴きくださいませ

 

 

******************************************

毎週火曜20:00~(30分番組)
 4月から30分早くなりました!!

FMaiaiFMあまがさき)82.0MHz『ティニウィニのラジドラ!』

尼崎市内にお住まいの方はラジオで。

PC
でお聞きの方はサイマルラジオhttp://www.simulradio.jp/
またはリッスンラジオhttp://listenradio.jp/で。
82.0MHz FMaiai(エフエムあまがさき)』を選択してください。
FMaiaiのホームページからならすぐ聴けちゃう!http://fmaiai.com/(左上のスピーカーアイコンをクリック!)

スマートホンでお聞きの方はアプリ「リッスンラジオ」をダウンロードしてお楽しみください。

ツイッターもよろしくお願いいたします!!
つぶやきの語尾に #ティニウィニ のハッシュタグをつけて遊びましょう!
アカウントは「ティニウィニのラジドラ!」(「曽奈千春」もよかったらご一緒に!)

ティニウィニのラジドラ!はリスナー参加型番組です!
あなたの脚本が、あなたの声が、FMの電波に乗ります。
ティニウィニと一緒に、ラジオドラマを作ってみませんか?

更に詳しい募集要項は番組公式ブログ(番組放送後記もあります!)http://twradidra.blog.jp/

上記に応募したい方は、番組専用メールアドレスtw.radidra@gmail.comまでよろしくお願いします!



そなちはる

そなのゴールデン☆デトックス。vol.130【結婚前のお試し同棲に反対するワケ。】

こんにちは、そなちはるです。

産後、母体は相当な疲労状態にあるので、2週間は基本寝た状態で過ごすように・・・・・・

と言われるんですけど、なかなかそうもできません。

いや、環境的にはできるんですけど、性格上の問題ですかね。

動いては反省し、また動いては反省の繰り返し。

私もね、そないに若い妊婦じゃなかったのでね、気を付けないと。後々響くらしいので・・・・・・

ま、こうして起きてブログ書いちゃってますけどね。


さて、標題。

「同棲」というものに対する考えは、ほんと人それぞれですよね。

年代によっても違いますし。

私は、まあ、別にいいんじゃない?くらいのものです。

とはいえ自分自身は一日たりとも同棲状態になったことはなく、

今の旦那さんとも、結婚式挙げて婚姻届出してその日から一緒に住み始めるという、むしろ珍しいシンプルスタイル。

その方が、なんか決心つくかなーと思いまして。


ただね、ちょっと以前と考えが変わった部分があります。

以前は、「結婚する前にお試し期間として同棲する」のはアリだと思っていました。

やっぱり、付き合うのと一緒に暮らすのとでは、かなりギャップがあるものですよね。

結婚する前にそれを見極めるための同棲期間を置く。

これはなかなか真っ当な理由ではないか?と、そう思っていたのです。


でも、今はどちらかというと、そういう同棲には反対気味。

なぜかというと、他人と一緒に暮らすというのは実際かなり大変なことなので、「お試し」感覚なんかでできるとは思えないからです。

お試し・・・・・・と思いながら同棲すると、「あ、ここ合わない。」「これはちょっとマイナスポイント。」みたいに無意識にチェックしてしまって、

結局、「結婚して一生うまくやっていけるのかな?」と不安にかられるばかりだと思うのです。

それで、もうちょっと様子見ようかな?なかなかまだ踏み切れないな・・・と、ずるずる結婚が先延ばしに・・・・・・

なんてことになる。


でも、結婚となればその時点で相当な覚悟を持っているわけです。

だから、結婚して一緒に暮らして、もし合わないことや困ったことが発覚しても、「さあ、どうやってこの問題を解消していこう?」というマインドになります。

お試し感覚だと「どうにもならない問題」が、覚悟があれば「解決すべき問題」になるのです。


だから、変に真っ当っぽい理由つけて同棲するくらいなら、

「金銭的に同棲した方が楽だし。」とか、「楽しいから同棲したい!」くらいの方が、私は許せちゃう。

ま、私の許しが何でいるねんって話ですけど。


そなちはる
記事検索
最新コメント
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ